株式会社アセンドホーム

アセンドホームの建築施工写真

アセンドホームの別荘建築は、基礎工事・躯体工事など軽井沢の地を考慮し、より高断熱・高気密な品質を実現しています。
冷気を室内に伝えにくい基礎工事を施すとともに、床下、壁面、天井に断熱材であるウレタンフォームを吹き付け。
また、窓には気密性・断熱性がトリプルガラスを採用するなど、軽井沢を熟知しているからこそ可能な冬対策を実践しています。

  • 01杭工事

  • 02ベース型枠施工

  • 03第三者機関による瑕疵検査

  • 04型枠完了

  • 05柱脚用アンカーボルト施工

  • 06コンクリート打設

  • 07打設完了

  • 08棟上げ開始

  • 09屋根下地施工

  • 10

  • 11床の断熱工事(スタイロフォーム)

  • 12内部断熱工事

  • 13軒天下地施工(屋根補強)

  • 14天井下地塗装

  • 15天井塗装仕上げ